せいろく

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名せいろく;生録
+項目名(旧かな)
+表記生録
TitleSeiroku
テキスト内容人の天寿を記した帳簿。憶良の沈痾自哀文では、「命魂既に尽き、その天年を終へたるすらに、尚し哀しびとなす」と天寿を全うしても死は悲しいものだと述べたのちに、「いかに況や、生録未だも半ばならねば、鬼に枉に殺され、顔色壮年なるに、病に横に困めらるる者はや」と、生録に記された寿命が半ばにも達していないのに鬼に殺され、病に苦しめられて死ぬのはそれよりも深い哀しみであると述べる。鬼に殺されるというのはすぐ後ろに引かれる『志恠記』の記事、広平前大守北海の徐玄方の18歳で死んだ娘が夢で語ったという「我が生録を案ふるに、寿八十余歳にあたる。今妖鬼に枉殺されて、已に四年を経ぬ」に依ったものである。
+執筆者荒木優也
+参考文献
-68633402009/07/06hoshino.seiji00DSG000459せいろく;生録Seiroku人の天寿を記した帳簿。憶良の沈痾自哀文では、「命魂既に尽き、その天年を終へたるすらに、尚し哀しびとなす」と天寿を全うしても死は悲しいものだと述べたのちに、「いかに況や、生録未だも半ばならねば、鬼に枉に殺され、顔色壮年なるに、病に横に困めらるる者はや」と、生録に記された寿命が半ばにも達していないのに鬼に殺され、病に苦しめられて死ぬのはそれよりも深い哀しみであると述べる。鬼に殺されるというのはすぐ後ろに引かれる『志恠記』の記事、広平前大守北海の徐玄方の18歳で死んだ娘が夢で語ったという「我が生録を案ふるに、寿八十余歳にあたる。今妖鬼に枉殺されて、已に四年を経ぬ」に依ったものである。460せいろく生録荒木優也せ1

PageTop