じょうせつ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名じょうせつ;じやうせつ;浄刹
+項目名(旧かな)じやうせつ
+表記浄刹
TitleJosetsu
テキスト内容仏語。浄土のこと。仏菩薩の住む清らかな世界。憶良の日本挽歌(5-794)の序の最後に「従来この穢土を厭離せり、本願生をその浄刹に託せむ。」とある。清浄な国土。「刹」は、サンスクリット語kSetra(土)の音写であり、浄福な永遠世界のことである。これに対し現実の世界は「穢土」と称された。穢土とは穢国ともいわれるように穢悪に満ちた世界である。それに対して、浄土は清浄で清涼な世界である。このような清浄の世界は正しく仏の国である。したがって、穢土を凡夫の世界とすれば、浄土は仏の世界(仏界、仏国、仏刹)となる。この浄刹と穢土の仏教的世界観が日本挽歌の序には記されており、憶良の仏教的人生観がうかがえる。またこのような仏教的世界観は、浄土教とも結びついている。
+執筆者渡辺卓
+参考文献
-68606402009/07/06hoshino.seiji00DSG000432じょうせつ;じやうせつ;浄刹Josetsu仏語。浄土のこと。仏菩薩の住む清らかな世界。憶良の日本挽歌(5-794)の序の最後に「従来この穢土を厭離せり、本願生をその浄刹に託せむ。」とある。清浄な国土。「刹」は、サンスクリット語kSetra(土)の音写であり、浄福な永遠世界のことである。これに対し現実の世界は「穢土」と称された。穢土とは穢国ともいわれるように穢悪に満ちた世界である。それに対して、浄土は清浄で清涼な世界である。このような清浄の世界は正しく仏の国である。したがって、穢土を凡夫の世界とすれば、浄土は仏の世界(仏界、仏国、仏刹)となる。この浄刹と穢土の仏教的世界観が日本挽歌の序には記されており、憶良の仏教的人生観がうかがえる。またこのような仏教的世界観は、浄土教とも結びついている。433じょうせつじやうせつ浄刹渡辺卓じ1

PageTop