しなざかる

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名しなざかる;級離る
+項目名(旧かな)
+表記級離る
TitleShinazakaru
テキスト内容枕詞。地名、越(こし)にかかる。意味・かかり方は未詳。「しなざかる」は万葉集では「大君の 任けのまにまに しなざかる(之奈射加流) 越を治めに 出でて来し ますら我す」(17-3969)の家持作歌が初出で、他に家持に3例(18-4071、19-4154、19-4250)坂上郎女作歌に1例(19-4220)のみ用いられている枕詞である。「しな」は階段・階層などの意があり、「さかる」は離れる・遠ざかるの意であろうから、階層が離れているといった意。また越が多くの坂を越えた遠い土地の意からともいわれる。「天ざかる」「鄙ざかる」などの連想から家持が作った枕詞であろうか。初出の3969は家持と池主のやりとりの1首であるが、そこでは頻繁に「天離る」が用いられており、都を高しとし、鄙を低しとする考え方から、天と鄙の関係を、越に家持が転換させたと考えられる。
+執筆者渡辺卓
+参考文献
-68598402009/07/06hoshino.seiji00DSG000424しなざかる;級離るShinazakaru枕詞。地名、越(こし)にかかる。意味・かかり方は未詳。「しなざかる」は万葉集では「大君の 任けのまにまに しなざかる(之奈射加流) 越を治めに 出でて来し ますら我す」(17-3969)の家持作歌が初出で、他に家持に3例(18-4071、19-4154、19-4250)坂上郎女作歌に1例(19-4220)のみ用いられている枕詞である。「しな」は階段・階層などの意があり、「さかる」は離れる・遠ざかるの意であろうから、階層が離れているといった意。また越が多くの坂を越えた遠い土地の意からともいわれる。「天ざかる」「鄙ざかる」などの連想から家持が作った枕詞であろうか。初出の3969は家持と池主のやりとりの1首であるが、そこでは頻繁に「天離る」が用いられており、都を高しとし、鄙を低しとする考え方から、天と鄙の関係を、越に家持が転換させたと考えられる。425しなざかる級離る渡辺卓し1

PageTop