しい

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名しい;しひ;椎
+項目名(旧かな)しひ
+表記
TitleShii
テキスト内容植物名。ぶな科の常緑高木。葉は革質、長円形、実は円形のものと細長いものがあって、白く生米に似た味がある。万葉集では椎の小枝が多い様子や、枝葉が繁茂する様子が詠まれることが多い。有間皇子には「家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る」(2-142)と食器のように葉が用いられている。この歌の「椎の葉」については、椎の枝葉を敷き並べたとする説と、葉のみを用いたとする説があるが、いずれも常緑故に用いられたといえる。また、「片岡のこの向つ峰に椎蒔かば今年の夏の陰にならむか」(7-1099)と枝葉が繁茂する事に期待を寄せ、「遅速も汝をこそ待ため向つ峰の椎の小枝の逢ひは違はじ」(14-3493)は、椎の小枝が繁茂して交差することから、「逢ひ」を導く序詞としている。また記歌謡では歯の美しさを「歯並は志比菱(しひひし)なす」(記歌謡42)などと形容している。
+執筆者渡辺卓
+参考文献
-68584402009/07/06hoshino.seiji00DSG000410しい;しひ;椎Shii植物名。ぶな科の常緑高木。葉は革質、長円形、実は円形のものと細長いものがあって、白く生米に似た味がある。万葉集では椎の小枝が多い様子や、枝葉が繁茂する様子が詠まれることが多い。有間皇子には「家にあれば笥に盛る飯を草枕旅にしあれば椎の葉に盛る」(2-142)と食器のように葉が用いられている。この歌の「椎の葉」については、椎の枝葉を敷き並べたとする説と、葉のみを用いたとする説があるが、いずれも常緑故に用いられたといえる。また、「片岡のこの向つ峰に椎蒔かば今年の夏の陰にならむか」(7-1099)と枝葉が繁茂する事に期待を寄せ、「遅速も汝をこそ待ため向つ峰の椎の小枝の逢ひは違はじ」(14-3493)は、椎の小枝が繁茂して交差することから、「逢ひ」を導く序詞としている。また記歌謡では歯の美しさを「歯並は志比菱(しひひし)なす」(記歌謡42)などと形容している。411しいしひ椎渡辺卓し1

PageTop