このよ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名このよ;現世
+項目名(旧かな)
+表記現世
TitleKonoyo
テキスト内容人の生きる世。現世。仏教語の「前世」「来世」とともに三世の1つ。大伴旅人の讃酒歌(3-348)では、輪廻転生の考えを背景とし、現世で楽しみを味わうことが可能ならば、来世では虫や鳥になってしまっても構わないと歌う。また次の歌(3-349)では、仏教思想の生者必滅の考えが表れており、生きている者は必ず死ぬものであるから、現世で生きる間は楽しくこそありたいと歌っている。また、高田女王が今城王に贈る歌(4-541)では、人の噂のうるさい現世での恋を諦め、来世での恋の成就を願っている。現世は、来世(「こむよ」)という次に生きる世界と対置されるものであった。旅人の歌の、来世には無関心で現世を楽しみたいという現世にこそこだわる姿勢と、高田女王の歌の、現世への諦念から生じる来世への期待という、仏教思想に彩られながらも現世に対する対照的な思いが見受けられる。また、旅人の歌の、現世を享楽的に過ごしたいという思いからは、老荘思想の影響もうかがうことができる。
+執筆者倉住薫
+参考文献
-68540402009/07/06hoshino.seiji00DSG000366このよ;現世Konoyo人の生きる世。現世。仏教語の「前世」「来世」とともに三世の1つ。大伴旅人の讃酒歌(3-348)では、輪廻転生の考えを背景とし、現世で楽しみを味わうことが可能ならば、来世では虫や鳥になってしまっても構わないと歌う。また次の歌(3-349)では、仏教思想の生者必滅の考えが表れており、生きている者は必ず死ぬものであるから、現世で生きる間は楽しくこそありたいと歌っている。また、高田女王が今城王に贈る歌(4-541)では、人の噂のうるさい現世での恋を諦め、来世での恋の成就を願っている。現世は、来世(「こむよ」)という次に生きる世界と対置されるものであった。旅人の歌の、来世には無関心で現世を楽しみたいという現世にこそこだわる姿勢と、高田女王の歌の、現世への諦念から生じる来世への期待という、仏教思想に彩られながらも現世に対する対照的な思いが見受けられる。また、旅人の歌の、現世を享楽的に過ごしたいという思いからは、老荘思想の影響もうかがうことができる。367このよ現世倉住薫こ1

PageTop