こいしぬ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名こいしぬ;こひしぬ;恋ひ死ぬ
+項目名(旧かな)こひしぬ
+表記恋ひ死ぬ
TitleKoishinu
テキスト内容恋い焦がれて死ぬ。万葉集には、恋死にしたことを歌う例はなく、通常「恋ひ死なム」「恋ひ死なバ」「恋ひて死ぬトモ」「恋に死ぬベシ」などと、仮定・希求を示す語を伴って用いられる。「恋死にしたければ、恋い死にしろというのだろうか」(11-2370、2401)と、相手の薄情さを訴えたり、自分の恋情の確かさを伝える表現となっている。また、笠女郎の歌には「恋にもそ人は死にする」(4-598)と、人は恋が原因で死ぬことがあると歌っているが、東歌には「あの娘に私が恋死にしたら、神のせいにするだろう。人の心も知らないで」(14-3566)とあり、死が恋という極めて個人的なものに左右されるという考え方と、死が神によってもたらされるものだという、二つの考え方があったことをしめしている。
+執筆者倉住薫
+参考文献
-68529402009/07/06hoshino.seiji00DSG000355こいしぬ;こひしぬ;恋ひ死ぬKoishinu恋い焦がれて死ぬ。万葉集には、恋死にしたことを歌う例はなく、通常「恋ひ死なム」「恋ひ死なバ」「恋ひて死ぬトモ」「恋に死ぬベシ」などと、仮定・希求を示す語を伴って用いられる。「恋死にしたければ、恋い死にしろというのだろうか」(11-2370、2401)と、相手の薄情さを訴えたり、自分の恋情の確かさを伝える表現となっている。また、笠女郎の歌には「恋にもそ人は死にする」(4-598)と、人は恋が原因で死ぬことがあると歌っているが、東歌には「あの娘に私が恋死にしたら、神のせいにするだろう。人の心も知らないで」(14-3566)とあり、死が恋という極めて個人的なものに左右されるという考え方と、死が神によってもたらされるものだという、二つの考え方があったことをしめしている。356こいしぬこひしぬ恋ひ死ぬ倉住薫こ1

PageTop