からたま

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名からたま;唐玉
+項目名(旧かな)
+表記唐玉
TitleKaratama
テキスト内容唐や朝鮮から渡来した珠玉。また美しい玉。「カラ」はもともと朝鮮半島の中南部に散在していた小国家群を指す。それが朝鮮半島全体ひいては中国を表す語となり、良質の舶来品にカラを付した。万葉集の「世間の住り難きを哀しびたる歌」には「少女らが 少女さびすと 唐玉を 手本に纏かし 同輩児らと 手携りて 遊びけむ 時の盛りを」(5-804)とあり、若くて可愛い女の子たちが着飾り、美玉を手に巻いて遊んでいる姿が詠まれている。カラ玉を身につけるのは、古代では最先端のファッションであった。
+執筆者鈴木道代
+参考文献
-68481402009/07/06hoshino.seiji00DSG000307からたま;唐玉Karatama唐や朝鮮から渡来した珠玉。また美しい玉。「カラ」はもともと朝鮮半島の中南部に散在していた小国家群を指す。それが朝鮮半島全体ひいては中国を表す語となり、良質の舶来品にカラを付した。万葉集の「世間の住り難きを哀しびたる歌」には「少女らが 少女さびすと 唐玉を 手本に纏かし 同輩児らと 手携りて 遊びけむ 時の盛りを」(5-804)とあり、若くて可愛い女の子たちが着飾り、美玉を手に巻いて遊んでいる姿が詠まれている。カラ玉を身につけるのは、古代では最先端のファッションであった。308からたま唐玉鈴木道代か1

PageTop