かむしみ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名かむしみ;神しみ
+項目名(旧かな)
+表記神しみ
TitleKamushimi
テキスト内容神々しくなる。「しみ」は「染み」で、その状態になること。「神さぶ」と同義。『管見』に「神さひゆかん」の意であり、「しみ、サビ、皆五音通なり」とある。万葉集中弧例であり、田辺福麻呂の「久邇の新京を讃むる歌」の反歌に「山高く 川の瀬清し 百代まで 神しみ行かむ 大宮所」とある(6-1052)。大宮所を讃美する歌にあって、万代までも神々しくなりゆくであろう、と年を経て神聖な様になってゆくであろうことを詠んでいる。→<a href="http://k-amc.kokugakuin.ac.jp/DM/detail.do?class_name=col_dsg&data_id=68461">かむさぶ〔神さぶ〕</a>
+執筆者渡邊明子
+参考文献
-68462402009/07/06hoshino.seiji00DSG000288かむしみ;神しみKamushimi神々しくなる。「しみ」は「染み」で、その状態になること。「神さぶ」と同義。『管見』に「神さひゆかん」の意であり、「しみ、サビ、皆五音通なり」とある。万葉集中弧例であり、田辺福麻呂の「久邇の新京を讃むる歌」の反歌に「山高く 川の瀬清し 百代まで 神しみ行かむ 大宮所」とある(6-1052)。大宮所を讃美する歌にあって、万代までも神々しくなりゆくであろう、と年を経て神聖な様になってゆくであろうことを詠んでいる。→<a href="http://k-amc.kokugakuin.ac.jp/DM/detail.do?class_name=col_dsg&data_id=68461">かむさぶ〔神さぶ〕</a>289かむしみ神しみ渡邊明子か1

PageTop