かみのむた

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名かみのむた;神の共
+項目名(旧かな)
+表記神の共
TitleKaminomuta
テキスト内容神と共に。「共」は「みた」ともよまれ、「~と共に」の意。万葉集には「潮干の共」「風の共」「波の共」「君が共」「人の共」など、多く用いられ、「~と共に」「~と一緒に」の意である。ただ、「神の共」は集中孤例であり、田辺福麻呂の「弟の死にけるを哀しびて作る歌」(9-1804)では、「箸向かふ 弟の命は 朝露の 消やすき命 神之共 争ひかねて」と詠まれて、弟の朝露のように消えやすい命は神と共にあって、争うこともできないのだと嘆いている。この「神の共」は「神を相手として」の意である。
+執筆者渡邊明子
+参考文献
-68445402009/07/06hoshino.seiji00DSG000271かみのむた;神の共Kaminomuta神と共に。「共」は「みた」ともよまれ、「~と共に」の意。万葉集には「潮干の共」「風の共」「波の共」「君が共」「人の共」など、多く用いられ、「~と共に」「~と一緒に」の意である。ただ、「神の共」は集中孤例であり、田辺福麻呂の「弟の死にけるを哀しびて作る歌」(9-1804)では、「箸向かふ 弟の命は 朝露の 消やすき命 神之共 争ひかねて」と詠まれて、弟の朝露のように消えやすい命は神と共にあって、争うこともできないのだと嘆いている。この「神の共」は「神を相手として」の意である。272かみのむた神の共渡邊明子か1

PageTop