あられ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名あられ;霰
+項目名(旧かな)
+表記
TitleArare
テキスト内容天上で雪に水滴がついて氷の塊となったもの。霰が降る音が騒がしいことから「霰降る」という枕詞になり「香島」などに掛かる。常陸国風土記には「霰降る香島の国」と見える。万葉集には「霰降り鹿島の埼を」(7-1174)、「霰降る吉志美が岳を」(1-385)が見え、これは霰の音が「騒がしい」といい、その音がキシキシと聞こえたかららしい。また「霰降り遠つ大浦」(7-1293)「霰降り遠つ近江」(11-2729)のように「遠つ」に掛かるのは、霰の音をトホトホと聞こえたかららしい。この霰は「霰打つあられ松原」(1-65)のように「打つ」ものと捉えられたり、「わが袖に霰たばしる」(10-2312)のように、「たばしる」ものとしても捉えられた。
+執筆者辰巳正明
+参考文献
-68248402009/07/06hoshino.seiji00DSG000074あられ;霰Arare天上で雪に水滴がついて氷の塊となったもの。霰が降る音が騒がしいことから「霰降る」という枕詞になり「香島」などに掛かる。常陸国風土記には「霰降る香島の国」と見える。万葉集には「霰降り鹿島の埼を」(7-1174)、「霰降る吉志美が岳を」(1-385)が見え、これは霰の音が「騒がしい」といい、その音がキシキシと聞こえたかららしい。また「霰降り遠つ大浦」(7-1293)「霰降り遠つ近江」(11-2729)のように「遠つ」に掛かるのは、霰の音をトホトホと聞こえたかららしい。この霰は「霰打つあられ松原」(1-65)のように「打つ」ものと捉えられたり、「わが袖に霰たばしる」(10-2312)のように、「たばしる」ものとしても捉えられた。75あられ霰辰巳正明あ1

PageTop