あらわす

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名あらわす;あらはす;顕す
+項目名(旧かな)あらはす
+表記顕す
TitleArawasu
テキスト内容表に顕されること。東歌の「立つ虹の顕ろまでもさ寝をさ寝てば」(14-3414)は、虹が立つように人の噂が表に立つ(露見する)まで共寝をするという。また、陸奥から黄金が出たことを喜ぶ大伴家持は、「天地の 神相珍なひ 皇御祖の 御霊助けて 遠き代に かかりしことを 朕が御代に 顕はしてあれば」(19-4094)のように、聖天子が出現したので、神の意志により隠れていたものが顕現したとする。
+執筆者辰巳正明
+参考文献
-68246402009/07/06hoshino.seiji00DSG000072あらわす;あらはす;顕すArawasu表に顕されること。東歌の「立つ虹の顕ろまでもさ寝をさ寝てば」(14-3414)は、虹が立つように人の噂が表に立つ(露見する)まで共寝をするという。また、陸奥から黄金が出たことを喜ぶ大伴家持は、「天地の 神相珍なひ 皇御祖の 御霊助けて 遠き代に かかりしことを 朕が御代に 顕はしてあれば」(19-4094)のように、聖天子が出現したので、神の意志により隠れていたものが顕現したとする。73あらわすあらはす顕す辰巳正明あ1

PageTop