【解説】住吉物語(乙本) 江戸時代初期写 上巻欠 落丁あり 奈良絵本

大分類図書館デジタルライブラリー
中分類奈良絵本・絵巻物関係
小分類住吉物語(乙本) 江戸時代初期写 上巻欠 落丁あり
分野分類 CB歴史学
文化財分類 CB図書
資料形式 CBテキストデータベース
+登録番号(図書館資料ID)貴2530
+本タイトル【解説】住吉物語(乙本) 江戸時代初期写 上巻欠 落丁あり 奈良絵本
+解説住吉物語(乙本) [貴2530]

〈外題〉「住吉物語」(表紙中央原装題簽)
〈内題〉なし
〈巻冊〉1冊
〈体裁〉袋綴(四つ目綴)。横本。
〈書写年代〉江戸時代前期
〈表紙寸法〉縦約16.4糎×横約25.9糎
〈奥書〉なし
〈蔵書印〉なし
〈解題〉

國學院大學図書館では、奈良絵本の『住吉物語』は二種類架蔵されており、本書は「乙本」と呼ばれる。所々の一葉白紙のところは、絵が切り取られたためにできたものである。のどをよく見ると切り取られた絵の残りが確認できる場合がある。また前小口付近には絵の具が微量ながら付着している場合もある。絵は製本後に切り取られたらしい。

本文は慶長古活字十行本とほぼ一致し、大きな異同はない。ただし「はべり」を「はんべり」としているなど、用字などに若干の異同がある。

〈参考〉

・室城秀之・沼尻利通「奈良絵本『住吉物語』(一冊本・乙本)書誌・解題・翻刻」(平成19年度科学研究費補助金 基盤研究(B)19320038研究成果報告書 「物語絵巻の本文とその享受に関する総合的

研究―國學院大學所蔵本を中心として―」2008年)
+画像一覧リンク
+詳細画像リンク
-絵物語(テーマ検索)
143205 37 2020/11/18 r.teshina 【解説】住吉物語(乙本) 江戸時代初期写 上巻欠 落丁あり 奈良絵本 【解説】住吉物語(乙本) 江戸時代初期写 上巻欠 落丁あり 奈良絵本 貴2530 02 023 住吉物語(乙本) [貴2530]

〈外題〉「住吉物語」(表紙中央原装題簽)
〈内題〉なし
〈巻冊〉1冊
〈体裁〉袋綴(四つ目綴)。横本。
〈書写年代〉江戸時代前期
〈表紙寸法〉縦約16.4糎×横約25.9糎
〈奥書〉なし
〈蔵書印〉なし
〈解題〉

國學院大學図書館では、奈良絵本の『住吉物語』は二種類架蔵されており、本書は「乙本」と呼ばれる。所々の一葉白紙のところは、絵が切り取られたためにできたものである。のどをよく見ると切り取られた絵の残りが確認できる場合がある。また前小口付近には絵の具が微量ながら付着している場合もある。絵は製本後に切り取られたらしい。

本文は慶長古活字十行本とほぼ一致し、大きな異同はない。ただし「はべり」を「はんべり」としているなど、用字などに若干の異同がある。

〈参考〉

・室城秀之・沼尻利通「奈良絵本『住吉物語』(一冊本・乙本)書誌・解題・翻刻」(平成19年度科学研究費補助金 基盤研究(B)19320038研究成果報告書 「物語絵巻の本文とその享受に関する総合的

研究―國學院大學所蔵本を中心として―」2008年) 1

この資料に関連する資料

PageTop