吉田屋窯梟に太湖石図平鉢

資料名(ヨミ)ヨシダヤガマフクロウニタイコセキズヒラバチ
資料総番号25-01-48
大分類美術
中分類工芸
小分類陶磁
所管小松市立博物館
寸法口径383、底径225~233、高さ60~66
制作年代江戸後期(19世紀)
署名・年記
公開解説山鳩のとまる樹木に太湖石を配した平鉢。地模様に小花を散らしている。梟の羽の白い部分は、素地をそのまま見せることで表している。全体として窯上りもよく、構図もおおらかで、吉田屋窯の名品の一つに数えられている。熟練した工人の手によるもので、文化・文政頃の爛熟期にふさわしい作品。塗埋めしたこの種の作品は吉田屋窯の中でも早期に製作されたもの。
このような構図(一般に梟ではなく山鳩)は文化・文政頃の文人画によく見られ、吉田屋窯にもこの題材がとり入れられていた。

PageTop