前引

資料名(ヨミ)マエヒキ
資料総番号4050015
大分類民俗
中分類生産・産業
小分類漁労・製塩用具
所管小松市立博物館
寸法縦2781 横1003 高557
使用方法麻糸製でヌカエビなどを捕る
公開解説枠付きの網に長い柄をとりつけた漁具。加賀三湖地帯では「マエガキ」や「マエガキタモ」と呼んだ。浅い場所で水草が茂っているような場所で使用し、小魚やエビ類を水草ごと掻きとるようにして使った。水稲が終わった秋以降に使われることが多く、漁獲物は大豆と一緒に醤油味の煮物にしたり、飴炊き(甘露煮)などの保存食に加工したりした。

PageTop