飲中八仙詩画文自動噴水器

資料名(ヨミ)インチュウハッセンシガモンジドウフンスイキ
資料総番号25-01-127
大分類美術
中分類工芸
小分類陶磁
所管小松市立博物館
寸法口径220、底径195、高さ299
作者粟生屋源右衛門
制作年代江戸時代後期
公開解説上下二層の器体の上部見込み部分に水を張ると、管を通して中央から内部に引き込まれ、それによって事前に内部に溜めておいた水が水圧によって噴水の様に上に噴き出す構造になっている。酒席などで盃洗として用いられたものであろう。こうした博物学への好奇心をうかがわせるものは、当時「加賀の平賀源内」として知られた、通称大野辨吉が考案し、粟生屋源右衛門が製作したといわれる。辨吉の著書『一東窮視録』には「コンストホンティン」(噴水)としてその構造が図示されている。また昭和4(1929)年発刊の松本佐太郎著『九谷陶磁史鑑』には、「本品は粟生屋源右衛門ヨリ藩主前田家へ献納セシ物ナリヲ大賞十二年侯爵前田家ノ売立ニ於テ埴田氏ノ有トナレリ」とある。
粟生屋の自動噴水器は現在までに3点が知られ、本作では坏部、脚部それぞれに方形・円形の窓枠を八面とり、その中に杜甫の「飲中八仙」の詩画文が交互に描かれている。

PageTop