諏訪神社の絵馬(志度之海女図)

名称ヨミスワジンジャノエマ(シドノアマズ)
年代江戸時代後期
指定年月日市・昭和60年8月1日
解説この絵馬は、「玉取伝説」を題材とした板絵の物語図である。玉取伝説は讃岐国(現香川県)の名刹志度寺の縁起に結びつけて成立した能『海人(あま)』にみられるものである。
本絵馬は、竜宮から海女が面向不背の玉を取り返して逃げる場面で、八竜や衛士と勇敢に戦う様子が、雄大な構図で力強く描かれている。
製作年は不明であるが、同じ画題の元禄15年(1702)奉納の絵馬が一戸町の西方寺毘沙門堂に現存する。
奉納者の高来氏は江戸の船主と推定され、当時東廻り航路の中途にあったこの地を訪れ、航海安全祈願のため諏訪神社に奉納したと思われる。
銘文:奉納 江戸
         高来氏
参考『久慈市の指定文化財』、『久慈文化財マップ』7

PageTop