侍浜八幡の大杉

名称ヨミサムライハマハチマンノオオスギ
指定年月日市・昭和60年8月1日
解説本樹は侍浜八幡宮の境内にあり、御神木となっている。境内は全体にスギが植えられているが、このスギはとりわけ大きく、船舶が洋上を航行するときの目印として古くから貴重がられた。普通老樹にありがちな心腐れもなく、樹勢も旺盛で、見事な枝ぶりをして美しい樹形を保っている。
樹種:スギ科 スギ
推定樹齢:約430年
参考『久慈市の指定文化財』,『久慈文化財マップ』57

PageTop