上野山の宝篋印塔

名称ヨミコウズケヤマノホウキョウイントウ
年代室町時代末期
指定年月日市・平成5年4月28日
解説国道45号線沿いの通称上野山(こうずけやま)の西側斜面上にある。
基檀は無く、自然石が敷かれている。基礎(高さ10.0cm、幅32.0cm)は、1段で無地の切石である。
塔身(高さ23.0cm、幅20.0cm)は、やや縦長の無地である。
笠(高さ15.0cm、幅36.0cm)は、段型を下1段、上2段に省略してつけている。
軒端は丸く、隅飾部分をつまむようにして外側に大きく突起させている。突起は一定ではなく不揃いで、笠部の平面型はヒトデ形である。笠の最上部には、平面方形の露盤をつけている。
相輪(現状高さ17.0cm)は、交差する斜線で蓮弁を刻んだ請花をつくり、その上に宝輪をのせている。宝輪は上部を欠失しており、五輪を残すのみである。
参考『久慈市の指定文化財』、『久慈文化財マップ』44、『久慈市の石碑』89

PageTop