慈光寺の一字一石塔

名称ヨミジコウジノイチジイッセキトウ
年代江戸時代享保3年6月吉日(1718)
指定年月日市・平成5年4月28日
解説一字一石碑は、慈光寺にある「摂待久慈氏」の墓地の中に建立されている。
一字一石碑は、経塚の一種で、祈願や追善供養のため小石に経文を墨書きして土中に埋め、その上に碑を建てたものであり、各地に見られるが、久慈市内では大川目町地内に3基確認されている。
それらのうちこれが最も古いものであり、建立した摂待宗碩は南部領内の名刹旧跡に30基ほどの一字一石碑を建てたと言われている。このうち10基が確認されている。
この碑は、凹凸のはげしい自然石に刻まれており、磨滅している部分もあって銘文は読みにくいが、「南無阿弥陀佛」という文字も刻まれており、経典供養碑と念仏碑(六字名号碑)を兼ねている。
銘文:
大乗妙典一字一石
漸寫部数都
卅六之其一
奉納偏照山
慈光寺南丘
南無阿弥陀佛
導師
但阿大道和尚
七十九翁
接待宗碩謹成之
享保三戊戌六月吉日
参考『久慈市の指定文化財』、『久慈文化財マップ』41、『久慈市の石碑』45

PageTop