石造青面金剛像

名称ヨミセキゾウショウメンコンゴンゾウ
年代江戸時代宝暦3年2月吉日(1753)
指定年月日市・昭和60年8月1日
解説庚申信仰が仏教と結びつくにつれて、庚申の本尊は青面金剛とされるようになる。身体に蛇を巻きつかせ6本の腕と、3つの眼をもつ恐ろしい形相が石像としても彫られ、延命長寿や豊作豊漁、疾病平癒など祈願した。石質は安山岩質で、浮き彫りにされている。地域には産出しない石材とみられる。本県の青面金剛像では6番目に古いもので、市内の庚申塔としては2番目に古い。
参考『久慈市の指定文化財』,『久慈文化財マップ』39,『久慈市の石碑』79

PageTop