枝成沢虫まつり

名称ヨミエダナリサワムシマツリ
指定年月日市・平成9年5月1日
由来変遷(由来・起源)
百歳近くになる住民が幼少の頃には既に伝わっていたことから百年以上の歴史があるものと推定される。
戦時中一時途切れた時期があったが、それ以外は伝承され現在に至る。
解説藁人形を作り、棒にくくりつけて、枝成沢神社から枝成沢地区はずれの川まで笛・太鼓・鉦(しょう)、法螺貝を囃しながら練り歩き、地区内の農作物につく悪い虫を追い出し、五穀豊穣を祈願する行事。藁人形にはそれぞれ藁苞(つと)を背負わせている。藁苞の中には虫(ケラ、青虫、ネギリ、てんとう虫)やごちそう(赤飯、にしめ)を入れ、虫と一緒に送る。行列は初めは少人数だが、笛や太鼓の音を聞き付けて、途中家の前から加わり多くなる。村はずれの川まで練り歩き、最後は川に藁人形を流したが、今は環境保護上から焼却している。毎年田植え後の早苗振(さなぶり)を兼ねて行うため、県内の他地区の虫まつりより約1月半~2月早い5月下旬頃に行う。
虫まつりは、市内各地にあったが、現在伝承されているのは枝成沢地区のみである。
参考『久慈市の指定文化財』、『久慈文化財マップ』28。

PageTop