石棒

名称ヨミセキボウ
年代縄文時代後期
指定年月日市・昭和48年10月8日
解説完成品である。単頭で頭部が円錘状を呈し、全体の形状が閉じた唐傘(からかさ)に似ていることから唐傘石とも呼ばれている。頭部に3ヶ所の凹みが認められる。中央部に最大径をもち、断面形は円形を呈する。全体的によく研磨されている。
石質は硅質粘板岩である。砂鉄鉱採掘中に縄文時代後期の土器とともに土中より発見されていることから、縄文時代後期の所産と思われる。
参考『久慈市の指定文化財』,『久慈文化財マップ』20

PageTop