新山大権現

名称ヨミシンザンダイゴンゲン
年代江戸時代延宝6年(1678)
指定年月日市・昭和60年8月1日
解説この権現さまは、紀年銘のあるものでは、市内第3位のものである。鼻部より額部が高くつくられ、目は切れ長であるが目穴はない。
鼻梁に剣頭文を表し「新山大権現」と鮮やかに銘が記されている。同じ久保田家にある慶長12年銘のものとともに当地方の近世前期における権現さまの形態を伝える貴重な羽黒系の権現さまである。
銘文:(鼻梁) 新山大権現
    (下面) 干利延宝六戌午歳九月上旬
         □□□□□定□成
         願主 南光院
参考『久慈市の指定文化財』、『久慈文化財マップ』12

PageTop