千石船

公開解説「千石船」は江戸時代、日本経済を支えた海運交易の主役でした。正しくは弁財船と言います。
 船首部から船腹にかけて、流れるような線形とその豊かな膨らみ、すなわち優美な曲線とたくましい船体が木造和船-千石船の特徴です。
 藩政時代、三陸海岸からも江戸や長崎などとの交易に大小の弁財船が往来、活躍しました。

PageTop