八戸城新御殿御絵図面

サイズ138㎝×130㎝
公開解説8代八戸藩主南部信真は野村軍記を家老に抜擢し、藩政改革にあたらせました。八戸の豪商七崎屋の全財産を没収しました。藩政改革のおかげで藩財政は一時改善され、念願の藩主邸と藩庁が新築されました。軍記の政策に反対して稗三合一揆(天保五年(1884))がおこり、責めを負わせられて閉門中に病死しました。

PageTop