縄文土器淺鉢

★資料登録番号040945
収蔵施設名岩手県立博物館
公開解説岩手県の縄文土器編年の中で一番新しい「大洞A’」式の土器浅鉢です。大洞A’式の特徴である「変形工字文」が描かれています。浅鉢が出土した熊穴洞穴は、洞穴自体を墓所として使用した遺跡と推測され、多数の人骨が発見されています。これらの浅鉢も、死者へ供えられた供物の容器であった可能性が考えられます。

PageTop