東芝電気洗濯機 FW型

★資料登録番号92336FW
サイズ洗濯槽 径47.0㎝×深30.0㎝ 全高111.4㎝
収蔵施設名岩手県立博物館
公開解説初の国産電気洗濯機は、昭和5年(1930)に芝浦製作所(現在の東芝社)から発売されました。この資料は昭和28年(1953)に製造されたものですが、戦中家庭用電気製品の開発・販売が制限されていたこともあり、国産第一号の電気洗濯機の型と大きく変わっていません。当時のチラシを見ると販売価格は53,000円、洗濯槽内のスクリューを回転させる撹拌式で、一度にワイシャツ12枚ほどを洗うことができました。洗濯槽の上についているローラーで脱水もできます。

PageTop