漆紙文書「番状健土関係解文」復元

★資料登録番号100145
収蔵施設名岩手県立博物館
サイズ16.5cm×5.5cm
公開解説番上健士(ばんじょうけんし)とは、ふだんは農業に従事し、当番の日に出勤して胆沢城の警護にあたった兵士のことで、「解文」は下位の役所から上位の役所へ提出される文書の様式です。この文書は、2人の番上健士が疫病のため欠勤することを事務官が報告したものです。

PageTop