市原市教育委員会

灰釉花文浄瓶

資料名(ヨミ)カイユウカモンジョウヘイ
遺跡荒久遺跡B地点
時代・時期平安時代前期
解説【市原市指定文化財(考古資料)】平安時代前期に作られた灰釉陶器の浄瓶。荒久(あらく)遺跡B地点の竪穴建物跡から発見されましたが、本来は、隣接する上総国分僧寺で用いられた仏具と考えられます。くびから肩にかけて牡丹、さらに下方に雲文と草文が描かれています。愛知県猿投窯産。

PageTop