市原市教育委員会

和同開珎

資料名(ヨミ)ワドウカイチン
遺跡上総国分僧寺跡
時代・時期奈良時代
解説 708年に発行された青銅製の貨幣です。大きさは直径2.4cm、厚さ1.5mm、重さ1.4gです。当時、1枚で米二升四合と交換することができる貴重なものでした。
 上総国分僧寺跡から出土したこの資料は、東国での和同開珎の出土例が少ないことからすると、お金としてではなく、寺院内での祭祀(さいし)に使われたものと考えられます。

PageTop