市原市教育委員会

重圏文軒丸瓦

資料名(ヨミ)ジュウケンモンノキマルガワラ
遺跡上総国分僧寺跡
時代・時期平安時代
解説 上総国分寺の屋根に葺かれた奈良時代から平安時代の軒丸瓦(のきまるがわら)です。軒丸瓦は軒平瓦と組み合わせて軒先(屋根の縁)を飾るもので、この型式は重圏文(じゅうけんもん)という同心円状の文様がスタンプされています。
 このタイプの軒丸瓦(軒丸瓦III型式)は、国分寺の修理のために神門瓦窯(ごうどがよう)で生産されたと考えられます。

PageTop