橋本関雪

作家名(ヨミ)ハシモトカンセツ
生年月日(西暦)1883年
生年月日(和暦)明治16年
没年月日(西暦)1945年
没年月日(和暦)昭和20年

略歴・解説

神戸市郊外の坂本村(現・神戸市中央区)に生まれる。本名関一。父海関は明石藩の儒者であった。12歳の時、四条派の片岡公曠に学び、その後京都に出て竹内栖鳳に入門。文展では大正5年から3年連続特選、以降、帝展の中心画家として活躍。昭和9年帝室技芸員、翌年帝国美術院会員となる。多数の著作があるほか、古美術研究家としても知られている。諸派の画風に学びながら深い教養に根ざした格調高い作品を残した。とりわけ水墨の動物画に卓越した筆技を見せている。

この作家の資料一覧[全15件]

PageTop