テスケロサウルス全身骨格

資料ID123768
分野化石
分野補中生代
区分複製
国名アメリカ合衆国
県名モンタナ州 
解説文又は共通解説文 小型植物食恐竜です。白亜紀末の地層から発見され、最後の恐竜のひとつに数えられています。口の先はくちばし状で、口の奥には頬歯があります。ヒプシロフォドンに近いなかまと考えられていますが、がっしりした骨格をしており、ヒプシロフォドンのようにはすばやく動けなかったと考えられています。原標本は北米モンタナ州産、ミネソタ科学博物館蔵。

PageTop