武州下原住康重

資料名よみブシュウシタハラジュウヤスシゲ
使用年代江戸時代(元和頃)
公開解説 武州下原刀と呼ばれる刀剣。下原刀とは、室町時代末期から江戸時代にかけて武州下原(現・八王子市下恩方町など)で制作された刀剣類のこと。この作品は、下原刀工宗家の四代康重による制作。

刀 刃長・二尺二寸三分 反り・六分九厘

PageTop