松本芳年

作家名(ヨミ)まつもとほうねん
作家名(英語表記)MATSUMOTO Honen
生年月日(西暦)1931

略歴・解説

福岡県宗像市に生まれる。幼少期をサハリン(樺太)で過ごす。1949年頃より独学で絵画を制作。1951年福岡学芸大学(現・福岡教育大学)小倉分校に入学し、53年本校に編入。1962年に小倉画廊(北九州市)で初個展。1963-64年「朝日賞全九州・山口絵画コンクール」に出品しそれぞれ朝日準賞、八幡美術館賞を受賞。1967年「GROUP制作会議」による「SEVEN展」(北九州市立八幡美術館)を組織(1970年「九州制作会議」と改称、77年一旦解散)。1968-69年「九州・現代美術の動向展」(福岡県文化会館)に出品、桜井孝身、菊畑茂久馬と出会う。1968年森山安英らと「グループZELLE」(のちの集団蜘蛛)を結成するも意見の対立から脱退。1973年「可能性への意志 1973―九州」(北九州市立八幡美術館)に出品。1984年「九州制作会議」を再結成し、小松豊、松川英俊、土田恵子らと毎年展覧会を開催(現在に至る)。海外の展覧会にも度々出品。身体の動きを感じさせる筆致を基調とした抽象絵画を制作。

この作家の作品一覧[全1件]

件ずつ表示

PageTop