松尾晃華

作家名(ヨミ)まつおこうか
作家名(英語表記)MATSUO Koka
生年月日(西暦)1893
没年月日(西暦)1983

略歴・解説

福岡市に生まれる。本名夘三郎。初め金峰と号し、後に晃華と改める。高等小学校卒業後日本画を学び、明治44年(1911)上京、巽画会の梶田半古に師事する。大正5年(1916)巽画会美術展にて銅賞、同9年中央美術展にて金賞受賞。同11年第9回院展に初入選、日本美術院研究生となる。同15年院友に推挙され、横山大観の指導を受ける。昭和3年(1928)美術院脱退後、松岡映丘の門下となり、帝展入選を重ねる。同8年筑前美術会創立に参加、同10年帰郷し福岡市展理事に就任。同15年には福岡県美術協会結成にも参加する。戦後は同協会常任理事や市展運営委員などを歴任。画塾松尾塾(晃華塾)を主宰した。

この作家の作品一覧[全12件]

PageTop