平戸

作家名(ヨミ)ひらど
作家名(英語表記)Hirado Ware

略歴・解説

現在の長崎県佐世保市三川内町で焼かれた磁器。三川内焼とも呼ばれる。慶長3年(1598)平戸藩主松浦鎮信が朝鮮から連れ帰った陶工巨関により平戸島中野に開窯されたと伝わる。その後、巨関の子・今村三之丞が佐世保の三川内に移住、三川内皿山は平戸藩窯として発展した。天草から早岐(佐世保市)に積み揚げられた砥石をいちはやく陶石として用い、すぐれた磁器を生み出した。唐子文様を描いた染付磁器で知られる。

この作家の作品一覧[全18件]

PageTop