宗七

作家名(ヨミ)そうしち
作家名(英語表記)Soshichi Ware

略歴・解説

黒田長政の福岡城築城のさい瓦焼の御用をつとめた家系の出である正木宗七が、瓦土を用いての陶技を習得、能面などを作り藩主に献上した。以降、藩の御用焼物師となり上手物の細工物制作に携わる。その後子孫は代々御用焼物師をつとめ正木宗七を襲名し、6代宗七弘茂(明治6年没)をもって宗七焼は途絶える。風炉、床置、面などをつくった。

この作家の作品一覧[全3件]

件ずつ表示

PageTop