小石原

作家名(ヨミ)こいしわら
作家名(英語表記)Koishiwara Ware

略歴・解説

17世紀末頃、高取焼小石原中野窯で磁器焼成が放棄され、また元禄年間(1688~1704)藩命により御陶所が福岡に移され、続いて二代高取八蔵貞久も博多奥之堂へ転居すると、以後小石原では日常雑器の陶器焼成が民間でおこなわれ、江戸時代後期、近隣農村の需要を得、盛大となった。窯跡で採集された陶片から、褐釉のすり鉢、片口、雲助徳利や灰釉の瓶などを焼成していたことがわかる。

この作家の作品一覧[全2件]

件ずつ表示

PageTop