熊野礼夫

作家名(ヨミ)くまののりお
作家名(英語表記)KUMANO Norio
生年月日(西暦)1909
没年月日(西暦)1993

略歴・解説

宗像市に生まれる。昭和4年東京美術学校に入学、藤島武二教室に学び、また同郷の先輩である中村研一の指導を受ける。卒業後の同16年、新文展に初入選、2年後には光風会展でも初入選し、新進画家として注目を集めた。戦後は福岡高校の美術教員を務め、福岡県美術協会の創立会員となるとともに、引き続き日展や光風会に出品を続け、同35年に光風会会員に推挙された。同42年には九州産業大学助教授に就任。熊野は初期から一貫して硬質で堅固な写実を追求し、とく婦人像に精力を傾けた。なお、強い輪郭線と逆光の表現などにおいて、昭和26年頃から深く師事した中村研一の影響が色濃く見られる。

この作家の作品一覧[全2件]

件ずつ表示

PageTop