岡部達男

作家名(ヨミ)おかべたつお
作家名(英語表記)OKABE Tatsuo
生年月日(西暦)1902
没年月日(西暦)1964

略歴・解説

福岡市生まれの彫金家、岡部覚弥の長男として東京に生まれる。父同様に東京美術学校金工科に学び、卒業後は北原千鹿に師事した。昭和5年帝展に初入選し、同8年には特選を受賞する。戦前は官展以外にも、新進工芸作家団体「工人社」展に板金による人物像などを出品し、新しい金工を模索する。戦後は一貫して透かし彫の美を追求し、琳派風の意匠を取り入れた繊細な作品を得意とした。戦後も日展評議員や審査員を歴任した。

この作家の作品一覧[全1件]

件ずつ表示

PageTop