大岡春卜

作家名(ヨミ)おおおかしゅんぼく
作家名(英語表記)OOKA Shunboku
生年月日(西暦)1680
没年月日(西暦)1763

略歴・解説

大坂の人。名は愛翼、愛董。号は雀叱、一翁などと称した。独学で狩野派画風を習得し、大覚寺性応門主の庇護の下、京都を本拠として活躍した。享保20年(1735)法眼になったと推定される。いわば町狩野を代表する絵師。京都の妙心寺霊雲院の障壁画などの大作を残す一方、絵手本作家として「画本手鑑」、「画史会要」などを出版した。

この作家の作品一覧[全1件]

件ずつ表示

PageTop