梅沢晴峨

作家名(ヨミ)うめさわせいが
作家名(英語表記)UMESAWA Seiga
没年月日(西暦)1864

略歴・解説

柳川藩定府(江戸詰め)のお抱え絵師。素絢斎、春香などと号した。江戸木挽町狩野家の晴川院養信に絵を学び、焼失した江戸城西の丸を新造の折、師から城内の絵をまかされたなどの伝承からも高弟であったことが推測される。山門郡の女性を妻にむかえ、晩年主命によって屋敷を賜り、柳川に移り住んだと伝えられている。柳川藩主の立花家にも作品が数点残されるが、漢画風から大和絵風まで器用にこなし、いずれも穏やかで洗練された画風を示している。

この作家の作品一覧[全4件]

件ずつ表示

PageTop