朝妻

作家名(ヨミ)あさづま
作家名(英語表記)Asazuma Ware

略歴・解説

筑後の磁器窯。久留米市合川町の福聚寺の裏山に、藩主有馬則維の時に開窯、正徳4年(1714)から享保13年(1728)まで藩窯として操業された。肥前有田の陶工と伊万里の画工を招いて染付や白磁の皿、鉢、茶碗などを製陶した。高台内に「■(「朝」字の第一画(横画)一部欠け)」の染付銘がみられるものがある。

この作家の作品一覧[全4件]

件ずつ表示

PageTop