赤坂

作家名(ヨミ)あかさか
作家名(英語表記)Akasaka Ware

略歴・解説

現在の筑後市赤坂の陶器窯。八女郡水田村生まれの次郎吉という者が文化9年(1812)に開いたといわれる。一時途絶えたのち文政7年(1824)三原富次が再興、有馬藩の御用窯となり藩主用の食器、茶器などを焼いた。その後赤坂焼は緒方家の子孫に引き継がれ、明治以降も民陶として継続された。銘は「赤岡」「赤坂」がある。

この作家の作品一覧[全5件]

件ずつ表示

PageTop