SATO Churyo

Native place宮城県
Birth1912/07/04
Died2011/03/30

Biography

第1回宇部市野外彫刻展、第1回現代日本彫刻展

1912= 宮城県に生まれる
1919= 前年父が死去、北海道タ張に転居する
1939= 東京美術学校彫刻科を卒業新制作派協会彫刻部の創立に参加
1944= 召応、満州に配属される
1945= 敗戦を知らず、約1ヶ月間逃避行の後投降、3年間シベリアに抑留される
1952= 「群馬の人」が国立近代美術館に収蔵される
1960= 第3回高村光太郎賞
1961= 宇部市野外彫刻展 1回の現代日本彫刻展も
1973= メキシコ、米、欧州を旅行し、マリーニ、ムーア、マンズー、ファッツィーニ、クロチェッティと親交を結ぶ
1974= 第15回毎日芸術賞 芸術選奨文部大臣賞
1975= 第6回中原悌二郎賞
1981= 仏国立ロダン美術館の招きで個展。アカデミー・ボザールの客員会員に推挙される
1984= ローマ・アカデミア・ディ・サンルカの会員に推挙される
1986= 東京造形大学名誉教授となる
1988= 「佐藤忠良のすべて」展を国内11会場で関催
1989= 朝日賞
1990= 宮城県美術館に佐藤忠良記念館が開館

Search results of the Artist[4 results]

Results per page

PageTop