コチドリ(天城町総合運動公園、3月)

コチドリ ( Little ringed plover )

名称(ヨミ)こちどり
中分類チドリ目
小分類チドリ科
形態スズメと同大で、足はやや長い。国内で見られるチドリでは最小。背や翼の上面は、ぬれた砂のような褐色。肩には黒い帯が入り、首の後ろまで白い部分が帯状につながっている。腹は白い。雄の夏羽は、くちばしのわきから目にかけてと、額が黒く、独特の風貌となる。目の周囲が黒いため、黄色いアイリングが目立つ。雌夏羽は、雄の黒い部分がやや薄いという。足は黄色。冬羽は雄雌とも淡い褐色になり、目の周囲や首まわりの黒い部分も淡くなる。幼鳥は成長冬羽に似ている。なお、本種の幼鳥は足の黄になっておらず、シロチドリ幼鳥は見分けが難しい。また、他の小型チドリ類とは異なり、翼の上面に白い帯がない。特によく似るハジロコチドリの名は、その帯に由来する。
生息種類旅鳥、冬鳥
概要【分布】
ユーラシア大陸のうち、夏でも低温のシベリア中北部と、中央アジア、西アジアの砂漠など乾燥地帯を除く、広い地域で繁殖する。冬は東南アジア~インド~アフリカ中部にかけて移動し、越冬する。国内では本州以南で繁殖し、中部以南で越冬する。徳之島では、見られないのは5月のみで、渡りの途中に飛来したり、少数が越冬する。

【生態】
春秋の渡りの時期には「 ピウ ピウ 」と間を開けて特徴的に鳴いて飛ぶ。草地や干潟を小走りしてはピタリと止まり、餌となる小さな昆虫、エビ・カニやゴカイなどを探し、捕食する。比較的、人を恐れない。島に飛来するシギ、チドリのうち、ムナグロに次いで草地で採餌することが多い。群れで渡来すると、ハジロコチドリが混じっていることがある。

【島内の目撃情報】
春秋の渡りの時期は、干潟を中継地にしているため、トリトリデッキ周辺へ群れで飛来する。越冬や比較的長く滞在する個体は、干潟でなく天城町総合運動公園の球場や、陸上トラック周辺の芝生で採餌や、座って休む姿が見られる。5月以外ほとんど周年見かけるが、数自体は多くなく、渡りのメダイチドリや、留鳥のシロチドリほどではない。
観察できる場所干潟、もしくは海岸近くの広い芝生

PageTop