ハイ(毒蛇なので手づかみしないように!)

ハイ ( Hai coral snake )

名称(ヨミ)ハイ
中分類有鱗目(トカゲ、ヘビ)
小分類コブラ科
形態大きくても50センチあまりしかない、細く小さなコブラ。一見、朱色と黒と玉子色の組み紐のような印象で、華やか。頭は黒く目立たないが、体から尾にかけて目立つ縦の帯模様があり、背中の中心から、黒、朱色、黒、細い玉子色、石垣のような黒い斑、腹の玉子色となる。数センチごとに結び目のような、縦帯の色をを区切るような模様が入っている。尾の先は円錐形の尖った骨のようになっている。猛毒のサンゴヘビと似た色調、印象なのは、同じコブラ科で比較的近い属であるためと思われる。

概要※ハイは、奄美大島に生息するヒャンの亜種とされる。「特定動物」に指定されており、動物愛護管理法では人に危害を与える可能性のある毒蛇である。飼育には県知事の許可とともに、頑丈な水槽などを用意する必要がある。積極的に捕獲したり、手に取るべきではないが、おとなしいので咬みつくことはない。ただし、コブラであり毒性は神経毒で、同じ量ならばハブよりも強力とされ、またハブの出血性の毒よりも、効きが早い。

【分布】
亜種ハイは徳之島、沖縄島、渡嘉敷島、伊平屋島に分布する固有亜種。ほか、奄美大島周辺の島々には基亜種ヒャン、沖縄島の西側、渡嘉敷島などには亜種クメジマハイが分布する。島口で、ヒャン、ヒャーン、サール、サールマジュンと呼ばれている。


【生態】
基本的には夜行性で、数が少ないことから見かけることは稀である。ブラーミニメクラヘビや、トカゲの幼体などを食べる肉食性。危険を感じると、尾を頭のように使って振舞い、鎌首のように持ち上げたり、尾の先を押し当ててチクリと刺したり、あるいはナンプラー/魚醤(ぎょしょう)のような生臭い液体を総排泄孔から分泌するなど、疑似的な攻撃を試みるものの、頭は必死で逃げ道を探す。強者に対して基本的に攻撃せず、逃走を旨とする。暑くなる梅雨の前のころから、夏場にかけて交尾し産卵する。交尾は雌雄が撚(よ)り合わさった一本の縄のようになり、派手な体色も手伝って見事である。

【島内の目撃情報】
オビトカゲモドキなどが多い森林や林道、あるいは川沿いの茂みやその付近の道路などで見られる。外来種ブラーミニメクラヘビは畑の周辺にも生息しているため、森林から離れた場所で見られることもある。
観察できる場所平地の、川や沢を囲む林の周辺。

PageTop