ロウニンアジ(幼魚)

ロウニンアジ ( Giant trevally )

名称(ヨミ)ロウニンアジ
中分類スズキ目
小分類アジ科
形態全長1.5メートル、50キロを超える、大型のヒラアジ。全体が銀白色で、体側から背にかけて黒い斑点がまばらにある。オニヒラアジと似るが、本種は頭が大きく体側の黒点がまばらで、成魚になると背側に不規則な暗色の横縞が入る。興奮すると体色が黒く変わる。特に成魚の雄は黒っぽい体色になる。

※ヒラアジとは、アジ科のなかでも肉食で、顔がマダイに似たアジの俗称。マアジやメアジ、ムロアジなどと区別される。顔がマダイに似ないカイワリ、シマアジなどを含め扁平で中大型のアジ類を島口でガラ、沖縄ではガーラと呼ばれる。小笠原ではシロカッポレやカッポレと呼ばれることもある。大型になると、島口ではカマジ、沖縄ではマギーガーラ、八重山ではカマジャなどと呼ばれることもある。

※魚類の体長には、全長と叉(さ)長があり、全長は頭の先から尾の先、叉長は頭の先から背骨の延長の尾びれの後端である。そのため、尾びれ中央部の切れ込みが大きい魚種ほど全長と叉長の差が大きい。
概要【分布】
太平洋西部からインド洋の亜熱帯、熱帯海域に広く分布する。徳之島では、磯やサンゴ礁の外側など水深のある海岸で見られる。

【生態】
魚だけでなくエビ、カニなど甲殻類、イカなども捕食する。喉の奥にある咽頭歯(いんとうし)を用いて、呑み込んだ魚を胃袋に送り込むことが出来るため、体長の半分程度の魚まで捕食することが出来る。小さいうちは、河口や漁港などで群れており、大きくなると外洋で生活する。20センチ前後のメッキと呼ばれる幼魚は、黒潮に乗って関東地方まで北上するが、水温が低いため成長することはなく、死滅回遊と呼ばれている。成長すると群れず、1ないし2匹で回遊することから、その姿を浪人者にたとえてロウニンアジと呼ばれる。

参考:釣りや沿岸漁業で漁獲され、5キロ程度までならそこそこ美味しく食べられる。大型になるほど、外洋性が強くなり磯臭さが強くなる傾向があり、さらに旨味が薄くなる。英名のGiant trevallyの頭文字をとってGTと呼ばれることが多い。大型のものは島口でカマジほか沖縄ではカマジャ、マギーガーラなどと呼ばれる。大物釣りでは、世界的に人気の高いヒラアジで、ルアーにもよく反応する。ルアー釣りではポッパーを使うスタイルが有名だが、磯やリーフ際などではミノーの方が安定した釣果が得られる場合がある。

【島内の目撃情報】
天城町内では犬の門蓋の磯、平土野港、湾屋川河口などで見られる。徳之島町では山漁港や母間漁港、伊仙町では面縄漁港などが釣りポイントとして知られる。
観察できる場所群れている幼魚は漁港や河口周辺、成魚は磯やサンゴ礁の外側など。

PageTop