ベニシオマネキ(雄)

ベニシオマネキ ( A species of fiddler crab / No English name.)

名称(ヨミ)ベニシオマネキ
中分類エビ目(エビ、カニ、ヤドカリなど)
小分類スナガニ科
形態甲幅1.5センチ前後の、やや小さいシオマネキ。その名の通り、一見紅色≒赤い姿をしており、雄は左右どちらかのはさみが大きい。眼柄(がんぺい)≒目の根元の棒の部分は長い。雄は一様にはさみは赤いが、甲羅や足は変異が大きく、甲羅はほとんど黒っぽいものから、水色と朱色のパターンが入ったもの、朱色一色のものなど様々、足は赤か濃い紫色をしている。雌は甲羅とはさみが赤く、足は赤いものと濃い紫色のものが見られる。
概要【分布】
西太平洋からインド洋の亜熱帯、熱帯の海岸に広く分布する。国内では屋久島以南や小笠原に分布し、徳之島では干潟の外周のやや乾いた場所で見られる。オキナワハクセンシオマネキとともに、見られることが多い。

【生態】
イノーのうち、干潟になっている時間が長い乾いた砂泥や砂礫に生息する。春から秋、暑いと感じられる日に巣穴から出てくるが比較的寒さに強い。警戒心が強く、素早く巣穴に逃げ込む。雄は雌の気を引くために、大はさみを大きく振る。雄どうしが大はさみの見せ合いや、はさみ合い、タックルなどで争う。砂泥に含まれる有機物=動物の死骸や植物のかけら、プランクトンなどを砂泥ごと口に含み、こしとって食べる。産卵期は夏から秋と考えられるが、卵や幼生の大半は外洋に流出してしまう。

【島内の目撃情報】
浅間から前野にかけてのイノー(干潟)に生息し、草が生えている砂地周辺に多い。ほか、天城町総合運動公園の南西端の水路周辺にも多い。トリトリデッキの周囲の岩の上にも、少数が見られる。
観察できる場所浅間から前野の干潟

PageTop